Kicad JA

提供:KiCad.jp Wiki
移動: 案内, 検索

>>翻訳作業ページ‎ <英原文PDF

Kicad JA kicad logo.png

Kicad リファレンスマニュアル

著作権 このドキュメントは以下の貢献者により著作権所有 © 2010–2012 されています。あなたは、GNU General Public License(http://www.gnu.org/licenses/gpl.html)のバージョン3以降、あるいはクリエイティブ·コモンズライセンス (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/)のバージョン3以降のいずれかの条件の下で、それを配布し、そして/または、それを変更することができます 。このガイドの中のすべての商標は、正当な所有者に帰属します。

貢献者 Jean-Pierre Charras, Fabrizio Tappero.

フィードバック このドキュメントに関するコメントや提案をKiCadメーリングリストに送ってください: https://launchpad.net/~kicad-developers

謝辞 なし

発行日とソフトウエアのバージョン

  • 英語版: 2011年9月27日に LibreOffice 3.3.2.により発行されました。
  • 日本語版: 2012年X月XX日にLibreOffice 3.5.4により発行されました。

Macユーザへの注記 Apple OS Xのオペレーティングシステム用のKiCadのサポートは実験的なものです。


目次

KiCad

KiCadは、電子回路図とPCBのアートワークを作成するためのオープンソースのソフトウェアツールです。 KiCadの単一の表層の中には、次に示す独立したソフトウェアツール群の優雅な構造が組み込まれています。:


  • KiCad : プロジェクトマネージャ
  • EESchema : 回路図エディタ
  • CvPcb: フットプリントセレクタ
  • Pcbnew : 回路基板のレイアウトエディタ
  • GerbView: ガーバービュア

その他に,以下の2つのユーティリティが含まれています。

  • Bitmap2Component : ロゴ用のコンポーネントメーカー (ビットマップ画像から、回路図コンポーネントやフットプリントを作成します)
  • PcbCalculator : 電流に対する配線幅、伝送ライン などコンポーネントの規制を計算する有用な計算機です。

この文章の執筆時には、KiCadが複雑な電子基板の開発とメンテナンスに使用されるよう十分成熟していると考えられます。 KiCadは、基板サイズの制限が存在せず、最大16の銅のレイヤと最大12の技術レイヤを容易に扱うことができます。 KiCadは、プリント基板を構築するために必要な、フォトプロッタ用ガーバーファイル、ドリルファイル、部品位置のファイル、その他多くのファイルを作成することができます。

KiCadはオープンソース(GPL licensed)であり、オープンソースなどの電子機器の作成プロジェクトに向いた理想的なツールです。

インターネット上でKiCadは以下の場所で見つけることができます。

KiCadはLinux、WindowsおよびApple OS X(実験版)で利用できます。


インストールと設定

ディスプレイの選択

ピクセルあたり24bitあるいは32bitを使用するディスプレイ/グラフィックカードを設定することを推奨します。

16ビットモードでは、Eeschemaは動作しますが、Linuxの下でPcbnewでの表示は、正しく機能しません。


デフォルト設定の初期化

kicad.proという名前のデフォルトの設定ファイルは、kicad/templateの中で提供されています。

これは、新しいプロジェクトのテンプレートとなります。kicad.proというデフォルトのファイルは、例えば他のライブラリファイルをロードするために、 必要があれば自由に変更することができます。


kicad/template/kicad.proへの書き込みアクセス権限を持っていることを確認してください。

KiCadを実行しkicad.proをロードします。 KiCadからEeschemaを実行し、Eeschemaの設定を変更し更新してください。

KiCadからPcbnewを実行し、Pcbnewの設定を変更し更新してください。

KiCad: 使用の原則

KiCadプロジェクトを管理するために: 回路図のファイル、ガーバーファイル, 補助ライブラリ、 フォトトレース用の製造ファイル、 穴明けおよび自動部品配置ファイル、次のようにプロジェクトを作成することを推奨します。:

  • プロジェクトの作業ディレクトリを作成する(KiCadを使用するか、または他の手段により)。
  • このディレクトリで、kicadを使用し、“Start a new project”アイコンによりプロジェクトファイル (.proの拡張子のファイル)を作成します


プロジェクトファイルとそのディレクトリの両方に同じ名前を使用することを強く推奨します。

Kicadは、プロジェクト管理のための多くのパラメータ(回路図、PCBsで使われるライブラリのリスト主要回路図のファイル名 )をもつ、.proという拡張子をもつファイルを作ります。

主要回路図とプリント基板、両方のデフォルトのファイル名は、プロジェクトの名前に由来しています。

exampleというディレクトリにexample.pro というプロジェクトが作られるように、デフォルトファイルは作られます。:


example.pro プロジェクト管理ファイル
example.sch メインの回路図ファイル
example.brd プリントされた回路基板ファイル
example.net ネットリスト·ファイル
example.xxx 他のユーティリティプログラムによって作成された各種ファイル
example.cache.lib 回路図に使用されるライブラリのキャッシュファイル

(使用されているコンポーネントのバックアップ)

KiCadを使う

メインウインドウ

Kicad JA kicad main window.pngKiCadのメインウィンドウは、プロジェクトツリービューおよび、様々なソフトウェア·ツールを実行するために使われるボタンのある起動ペイン、そしてメッセージ·ウィンドウで構成されています。

メニューとツールバーは、プロジェクトファイルを作成したり、読み込んだり、保存したりするために使用します。

ユーティリティの起動ペイン

Kicad JA kicad 1.pngKiCad からは、付属する全ての独立したソフトウェア·ツールを実行することができます。

起動ペインは、次のコマンドに対応して上の6つのボタンで構成されています。(左から順に):


1 Eeschema
2 Cvpcb
3 Pcbnew
4 Gerbview
5 Bitmap2component
6 Pcb Calculator

プロジェクトのツリービュー

Kicad JA kicad 3.png ファイルbingo.schを開く場合には、Eeschemaアイコンをダブルクリックすることで,回路図エディタが起動できます。


ファイルbingo.brdを開く場合には、Pcbnewアイコンをダブルクリックすることで、レイアウト·エディタが起動できます。


プロジェクトツリー内のファイルを右クリックすると、一般的なファイル操作が可能です。

上部のツールバー

Kicad JA kicad 2.png KiCad上部のツールバーからは、いくつかの基本的なファイル操作が可能です。(左から順に)

1 プロジェクトファイルを作成します。 kicad.proというテンプレートがkicad/template 内にある場合には、それを作業ディレクトリにコピーします。
2 既存のプロジェクトを開きます。
3 現在のプロジェクトツリーを更新、保存します
4 プロジェクト全体のzipアーカイブを作成します。 この中には、回路図ファイル、ライブラリ、PCBなどが含まれます。
5 ツリー変更後、ツリーリストを再描画します
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス