Gerberview JA

提供:KiCad.jp Wiki
移動: 案内, 検索

目次

GerbViewの使い方

GerbViewの紹介

GerbViewは、 ガーバーファイル (RS 274 Xフォーマット)のビュアーであり、 Pcbnewで作成したドリルファイル( Excellonフォーマット)も表示することができます。

32個のファイル (ガーバーファイル あるいは ドリルファイル)まで読込むことができます。

ファイルは透過モードあるいはスタックモードを使って表示されます。

メイン画面:

[[Image:]]

上部のツールバー:

[[Image:]]


[[Image:]] 全てのレイヤーをクリア。
[[Image:]] ガーバーファイルの読み込み。
[[Image:]] ドリルファイル(Pcbnewで作成したExcellonフォーマット )の読み込み。
[[Image:]] プリント用のページサイズ、ページ制限の表示/非表示を設定。
[[Image:]] プリントダイアログを開く。
[[Image:]] ズームイン・アウト。
[[Image:]] 画面を再描画。
[[Image:]] ページにズームを合わせる。
[[Image:]] レイヤーを選択。
[[Image:]] Dコードを選択 (Dコードを使用したアイテムがハイライトされます)。
[[Image:]] 現在のレイヤーに読み込まれたガーバーファイルオプションの情報を表示。

左ツールバー:

オプション:

[[Image:]] [[Image:]] グリッドのオン / オフ。
[[Image:]] 極座標表示のオン / オフ。
[[Image:]] 座標表示の単位選択。
[[Image:]] グリッド上のカーソル形状の選択。
[[Image:]] flashed itemsの表示モード選択 (塗りつぶしか外形のみ表示) 。
[[Image:]] 線の表示モード選択 (塗りつぶしか外形のみ表示)。
[[Image:]] ポリゴンの表示モードの選択(塗りつぶしか外形のみ表示)。
[[Image:]] Dコード値の表示/非表示 ( Dコードを使用したアイテムのみ )。
[[Image:]] レイヤーを表示するため、Gerbviewにより使用されるモード。
[[Image:]] レイヤーマネージャを表示/非表示。

レイヤーマネージャ:

[[Image:]] レイヤーマネージャは2つの目的を持っています:
  • アクティブレイヤーの選択
  • レイヤーの表示/非表示

アクティブレイヤーは最後に描画されます。

新しいファイルをロードする際 には、アクティブレイヤーが使用されます (新しいデータは以前のデータを置き換えます)。


注記:

  • 線上でマウスを左クリック: アクティブレイヤーを選択
  • レイヤーマネージャの上でマウスを右クリック: 全てのレイヤの表示/非表示切替
  • アイコンの上でマウスを中央クリック: レイヤーの色を選択


ガーバーレイヤーを表示するモード:

[[Image:]] Rawモード

それぞれのガーバーファイルとアイテムはファイルが読込まれた順に描画されます。

しかし、アクティブレイヤーのみ最後に描画されます。

ガーバーファイルに(黒で描かれる)ネガのアイテムがある場合、すでに描画されたレイヤー上に画像の乱れが生じます。

[[Image:]]
[[Image:]] スタックモード

それぞれのガーバーファイルは、ファイルが読込まれた順に描画されます。

アクティブレイヤのみ最後に描画されます。

このモードでは、画面上に表示する前にローカル·バッファ内の各ファイルを描画するので、ガーバーファイルに(黒で描かれる)ネガのアイテムがある場合でも、すでに描画されたレイヤー上に画像の乱れは生じません。ネガのアイテムは、画像の乱れをおこしません。

[[Image:]]
[[Image:]] 透過モード [[Image:]]

図面のレイヤー選択の効果 :

この効果はrawモード、スタックモードでのみ 見られます。


[[Image:]] レイヤ1(緑色レイヤ)はレイヤ2の後で描画。
[[Image:]] レイヤ2(青色レイヤ)はレイヤ1の後で描画。

レイヤーの印刷

プリントダイアログへのアクセス:

レイヤーを印刷するには、[[Image:]] ツール、あるいはメインメニュー (ファイル)を使用します。

注意:

印刷対象が、印刷範囲の中に含まれていることを確認すること( [[Image:]] により適切なページフォーマットを選択)。

フォトプロッタがより大きな出図領域(プリンタで使われるページサイズより大きい)を使用することを忘れないこと。

しばしば全てのレイヤーをブロック移動コマンドによって移動する必要があります。

ブロック移動コマンド:

マウス左ボタンを押しながらドラッグし、画面上で選択したい範囲を選択することで、そこに含まれた対象を移動することができます。

現在選択され、移動中の領域は、左のボタンをクリックして 配置します。


メニューバーのコマンド:

ファイルメニュー:

[[Image:]]


2つの特別なコマンドがあります。:

  • Dコード読み込み。
  • Pcbnewへエクスポート。

Dコードの読み込みは現在は廃止されています。 それは、古いRS274 Dのガーバーファイルを使用する場合Dコードのファイル定義を読み込むのに使用されています。

残念ながら、Dコードのファイル定義は、標準フォーマットではありません。

Pcbnewへのエクスポート

PcbnewへガーバーファイルをエクスポートするGerbViewの能力には制限があります。

最終結果はガーバーファイル内でRS 274 Xフォーマットがどういった形で使われているかによります。

RS 274 Xフォーマットは、変換できないラスター志向の特徴を持っています(主に全ての機能はネガのオブジェクトに依存しています)。

Flashed itemsはビアに変換されます。

Lines itemsはトラックセグメント、もしくは銅箔レイヤーではないレイヤーに線として変換されます。

そのため、変換されたファイルの扱いやすさは、PCBツールがガーバーファイルを作成した方法に大変依存します。


設定メニュー:

[[Image:]]

ホットキーエディターと表示項目のオプションへのアクセスを提供します。

その他のメニュー:

[[Image:]]


  • Dコードのリストは、使用されているDコードとDコードパラメータを表示します。
  • ソースの表示はテキストエディタにアクティブレイヤーとなっているガーバーファイルの内容を表示します。
  • レイヤーのクリアはアクティブレイヤの内容を削除します。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス